日本特殊陶業の採用情報

自動車部品メーカー求人TOP >> 人気の自動車部品メーカーの採用情報 >> 日本特殊陶業

日本特殊陶業の採用情報

日本特殊陶業は、森村グループの一員でかつては日本碍子の一事業部でした。それが、1936年に自動車用のスパークプラグメーカーとして独立し、今ではセラミックの特性を活かしたさまざまな部品を製造しており、自動車部品だけでなく情報通信や医療機器の分野でも大きなシェアを占めています。また、社員の多くが海外出向経験者で、売上の大半を海外で上げているグローバルな会社でもあります。

日本特殊陶業の新卒採用では、技術系総合職、事務系総合職、一般職で募集が行われます。技術系総合職は、新材料や次世代技術の開発、新規市場や分野の探索、既存製品の改良などの研究開発分野や、商品設計、生産技術、品質管理などに携わります。事務系総合職は、総務、人事、経理、調達などの事務職と、国内向けのメーカー・代理店営業と、輸出、コレスポンデンス、海外駐在などの海外営業に分かれます。一般職は、総務、人事、経理、調達などの一般事務、営業事務のほか、輸出業務や海外法人との応対業務も行います。応募資格は、一般職では短大卒からですが、総合職では高専、大学、大学院卒のいずれかの学歴が必要です。技術系であれば、機械、電気、電子、物理、化学などの理系科目の専攻になります。勤務地は、技術系であれば、工場のある名古屋本社、愛知県小牧市、三重県伊勢市、鹿児島県宮之城のいずれかになりますが、事務系は愛知県以外に、札幌、仙台、埼玉、東京、大阪、広島、福岡などの営業所のある都市に加え、海外事業所に赴任する可能性もあり、広範囲に及びます。

中途採用に関しては、日本特殊陶業のホームページ内に採用情報のコーナーが設けられていますが、常時募集があるわけではありません。2016年6月現在ではサイトを通じての応募は受け付けていない状況です。しかし、一部の職種の求人は、会社のホームページ以外の場所で非公開のうちに求人が行われることがあります。営業職やエンジニア、時には上記した技術系総合職や事務系総合職の募集があることもあるので、情報収集に務めましょう。なお、中途採用は、技術系でも大卒以上であれば未経験者でも応募可能です。電気科や機械科の卒業である方が有利ですが、それ以外の学部卒でも、コミュニケーション能力があって、自動車分野に興味がありモノづくりがしたいという方であれば、チャンスはあるようです。もちろん実務経験がある方であれば、より有利な条件で採用される可能性があります。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.