中小企業の自動車部品メーカーの求人

自動車部品メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 中小企業の自動車部品メーカーの求人

中小企業の自動車部品メーカーの求人

自動車の性能を決定するのは内部に搭載される部品であり、自動車部品メーカーは自動車メーカーよりも高い技術力を持っていると言われています。クルマの操作性、安全性、耐久性に直接関わるクリエイティブな仕事であり、そこにやりがいを求めて自称車部品メーカーへの就職、転職を志す方も多いです。

中小の自動車部品メーカーでも毎年、新卒採用を行っています。募集職種は技術系と事務系の二つがあり、主に、技術系は設計や開発や製造などの業務を担当し、事務系は営業や総務や人事などの業務を担当します。中小の自動車部品メーカーでは企業規模によって採用数は異なってきますが、おおむね、新卒採用の採用実績は30名から60名というところが多いです。その内、技術系が7割程度、事務系が3割程度の採用となります。なお、大手の自動車部品メーカーの新卒採用は四年制大学卒以上のみの求人募集というところがほとんどですが、中小の自動車部品メーカーでは短大や高専の出身者も応募可能なものが多く見られます。

中小の自動車部品メーカーの募集要項を見ると、新卒採用の初任給は大手の自動車メーカーとほとんど変わらない水準となっています。初任給は大学院卒で22万円程度、大卒で20万円程度というのが一般的な相場です。短大や高専の出身者の場合、17万円から18万円程度となります。

自動車産業は日本の主要産業であり、代表的な製造業です。他の製造業と比べると、自動車部品業界は給与面と待遇面で恵まれています。厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、製造業の平均年収は495.2万円となっています。これは全産業の平均年収とほぼ同等の数値です。しかし、自動車部品メーカーの平均年収はサブプライムローンに端を発する世界経済危機においても519万円となっており、近年では安定して550万円以上の平均年収をキープしています。

新卒採用の採用者は将来の会社の幹部候補、または営業所の所長候補としてさまざまな仕事に総合的に携わることになります。しかし、中小の自動車部品メーカーの場合、それほど新卒採用にお金をかけられないというところも多く、中途採用で総合職の求人募集を行っているところもあります。キャリア形成のため、年齢は30歳以下の若年層に限定しているところが多いですが、第二新卒者、既卒者、転職希望者にも会社の経営のトップに上り詰めるチャンスがあるのです。その他、中小の自動車部位品メーカーは実務経験者を対象として、専門職の求人募集も行っています。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.