正社員の自動車部品メーカーの求人

自動車部品メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 正社員の自動車部品メーカーの求人

正社員の自動車部品メーカーの求人

毎年、自動車部品メーカーでは新卒採用を実施しています。通常、大手の自動車部品メーカーでも中小の自動車メーカーでも、新卒採用における募集職種は技術系と事務系に分類されます。技術系の仕事は研究、設計、開発、製造、生産技術など、事務系の仕事は営業、法務、総務、財務、人事、企画、調達、生産管理などです。傾向として、技術系は理工学系の出身者が多く、ほとんどの自動車部品メーカーの中では応募条件を理工学系の出身者に限定しています。なお、事務系は学部学科を不問としているところが大多数を占めており、文系の出身者で活躍している方も多いです。

自動車部品メーカーにおいて、新卒採用は総合職として扱われるため、さまざまな部署を渡り歩くことになります。国内外を問わず転勤があるため、英語や中国語などの語学力もあると選考に有利です。総合職では多岐に渡る仕事に携わることが可能なので、成長が早く、昇進も早く、大手の自動車部品メーカーの場合で40代から50代くらいまで勤め上げると年収は1,000万円にも達します。

自動車部品メーカーの新卒採用では総合職が多いのに対して、ほとんどの中途採用は専門職での求人募集となります。職種はベアリングの設計やラジエーターの開発など、細かく業務内容が決められているものが多いです。即戦力としての採用となるため、基本的には応募する職種の経験や資格が必須となります。しかし、事務系の職種の場合、業界未経験者でも応募を可能としているものも多いです。なお、自動車部品メーカーの仕事はチーム単位で行われるため、協調性やコミュニケーションスキルも求められます。

自動車部品メーカーでは正規雇用の他、アルバイト、パート、契約社員、派遣社員など、非正規雇用として働いている方も多いです。非正規社員は時間の管理がしやすいなどのメリットがありますが、給与や待遇は正規社員には及びません。しかし、ほとんどの自動車部品メーカーは非正規社員に対して正社員登用制度を設けており、本人が望むのならばキャリアアップも可能となっています。なお、正社員登用は筆記試験、実技試験、面接、職場評価などを通じて選考が行われます。大手の自動車部品メーカーには、100名を超える非正規社員がこの正社員登用試験を応募しており、倍率も高いのが特徴です。なお、正社員登用試験は不定期に実施されますが、合格枠が最も大きく設定されるのは新卒社員が数多く入社してくる春頃となっています。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.