激務でない自動車部品メーカーの求人

自動車部品メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 激務でない自動車部品メーカーの求人

激務でない自動車部品メーカーの求人

自動車部品メーカーの仕事は忙しく、残業も多いことで知られています。例えば、自動車部品メーカーの工場ではどれだけの時間、材料、エネルギー、コストを使用して製品を製造できるのかということを極限まで精密に計算した上で稼働しており、つまり、そこで働く人間にはロボットのように精密に働くことが期待されるということになります。作業工程を秒単位で管理されているところも少なくなく、こうした工場では疲れたので一息をついたり、肩が凝ったので腕を回したりするような余裕はありません。常に、コンベアで運ばれてくる製品に対して手を動かし続ける必要があります。工場によっては右手と左手で異なる作業を求められたり、立ち位置や歩数を指示されたりという場合もあります。

しかし、これらを窮屈に感じるかどうかというのは人それぞれと言えるでしょう。実際、明確な指示を貰わなければ動くことができず、逆にストレスを感じてしまうという方は少なくありません。勤務開始から数週間程度は仕事を覚えたり、作業に慣れたりする必要がありますが、それを通過すれば単純作業の繰り返しなので特に難しいということはありません。待遇はいいので、単純作業が苦にならないという方には適した職場環境と言えるでしょう。なお、自動車の部品は納期が短く、取引先の注文にも波があるため、自動車部品メーカーの向上は忙しい時と忙しくない時の差が激しいのが特徴です。また、自動車部品メーカーの工場での手作業はアルバイトやパートや契約社員の担当であり、正社員は基本的に管理や指導を行う立場となります。

自動車部品メーカーは技術職も激務のところが多いです。残業時間に関しては明確なデータがありませんが、残業時間は通常の月でも20時間から30時間、多忙な月では60時間から80時間を超えることもあるとされています。職種別に分けると、技術職でも研究職はやや残業が少なく、生産技術職や製品開発職は残業が多い傾向にあります。なお、ほとんどの自動車部品メーカーではサービス残業はなく残業代はきちんと支給されるので、仕事は忙しいものの、若い内から高い収入を得ることができます。また、技術職は職人気質の方が多いので、残業も特に気にならないという方も多いです。

自動車部品メーカーでは事務職が比較的仕事は忙しくないとされています。自動車部品メーカーの事務職は新卒採用が多いですが、企業によっては中途採用も定期的に行われています。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.