独立系の自動車部品メーカーの求人

自動車部品メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 独立系の自動車部品メーカーの求人

独立系の自動車部品メーカーの求人

日本の自動車部品メーカーは自動車メーカーのグループ系列にあるところが多いです。トヨタだけでもデンソー、アイシン精機、豊田自動織機、トヨタ紡織、ジェイテクト、豊田合成など、数多くの自動車部品メーカーを傘下に収めています。グループ系列にある子会社の自動車部品メーカーには親会社の自動車メーカーという優良な取引先がおり、安定して部品の供給を行うことができるというのが一番の強みです。

しかし、親会社の自動車メーカーの経営が悪化したり、生産が停滞したりすると子会社の自動車部品メーカーは直にその影響を受けることになります。近年ではサブプライムローン問題に端を発する世界経済不安によって国内外のクルマの販売台数が急落し、多くの自動車メーカーとその系列の自動車部品メーカーは業績赤字を記録しました。これに対して、独立系の自動車部品メーカーは取引先が分散しているため、不況の影響が総じて小さいのが特徴です。また、電子部品などの多角化分野の育成も積極的に行っており、これらが収益の底堅さに繋がっているとされています。

日本の場合、グループ系列にある自動車メーカーと自動車部品メーカーの関係は垂直統合型のピラミッド構造です。そのため、基本的には自動車部品メーカーに対して自動車メーカーの立場が強いものとなっています。そのため、子会社の自動車部品メーカーは親会社の自動車メーカーが提示する設計を重視することになるため、モノ造りの自由度が制限される場合もあります。しかし、独立系の自動車部品メーカーであればそういった制約がないため、技術者たちがよりクリエイティビティを発揮できる職場環境があると言えるでしょう。なお、外資系の場合、グループ系列にある自動車メーカーと自動車部品メーカーの関係は水平分業型のフラットな構造であり、立場的には自動車メーカーと自動車部品メーカーは同等となっています。

グループ系列にある自動車メーカーと自動車部品メーカーの繋がりは日本の自動車産業の大きな強みとされていますが、近年では取引先の分散、業務提携や技術提携の活発化などを通じ、少しずつ業界構造にも変化が生じています。

独立系の自動車部品メーカーはグループ系列の自動車部品メーカーと比べると実力主義の風潮が強いです。そのため、新卒採用よりも中途採用が積極的に行われています。自動車業界での実務経験、採用職種に関連する資格の他、国内外を問わずさまざまな取引先を相手にしているので、英語や中国語をはじめとする外国語のスキルやコミュニケーションスキルがあると採用に有利になります。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.