外資系の自動車部品メーカーの求人

自動車部品メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 外資系の自動車部品メーカーの求人

外資系の自動車部品メーカーの求人

近年では世界的にエコの流れが高まっており、環境問題やエネルギー問題に対応したモノ造りが求められています。国内外の自動車業界は次世代自動車の開発に積極的であり、日産の新しい環境基準を備えたディーゼル車、トヨタのプラグインハイブリッド車、ホンダのハイブリッド専用リチウムイオン電池など、さまざまな自動車、自動車に搭載される部品が開発されてきました。環境対応車の継続的な市場投入を目指す自動車メーカー、自動車部品メーカーは未来を見据えた戦略を取っており、その一環として、企業間の業務提携や技術提携が活発になってきています。以前の自動車メーカーは設計通りに自動車を完成させることを重要視する傾向にありましたが、最近では自社開発を強化したり、モジュール化を推進したり、国境や系列を超えた協力関係を築く自動車メーカーが増えてきています。これを受けて、世界でもトップクラスのシェアを持つ日本の自動車メーカーとの関係性を一層強めるため、日本に長期的戦略拠点を構える外資系の自動車部品メーカーも増加しています。

こうした背景から、外資系の自動車部品メーカーは顧客である自動車メーカーのニーズを把握し、クオリティの高い部品を製造することが求められています。そのためには製造技術の向上だけでなく、生産管理、品質管理、コスト管理など、各国の製造拠点に指示を出して制作過程も管理しなければなりません。外資系の自動車部品メーカーは各国を結ぶ中心としての機能が重要であり、大半の職種ではプロジェクトマネージャーとしての要素が必要です。英語や中国語などの語学力はもちろん、異国の文化や価値観への理解、コミュニケーションスキル、プレゼンスキルといった能力が求められます。なお、外資系企業は個人の能力が重視される傾向にありますが、外資系の自動車部品メーカーはチームワークの大切さを認識しているところも多いです。

外資系の自動車部品メーカーは日系の自動車部品メーカーと比べると実力主義の風潮が強いです。新卒採用に重きを置いていない企業が多く、働いている社員の大半は中途採用者となっています。また、性別、年齢、学歴などの求人募集の制限も緩やかな場合が多いです。待遇も良く、自動車業界、セールス、エンジニアの実務経験者なら600万円から1000万円の年収が見込める求人募集もあります。ただし、外資系の自動車部品メーカーも自動車業界全般に共通する高い選考基準を設けているので、採用の倍率は高く、試験は難関となっています。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.