事務職の自動車部品メーカーの求人

自動車部品メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 事務職の自動車部品メーカーの求人

事務職の自動車部品メーカーの求人

自動車部品メーカーの職種は技術職が代表的であり、従業員数も多いですが、自動車部品メーカーには事務職として働いている方もいます。技術職と事務職の割合はおおむね、7対3といったところです。

技術職の採用はほとんど理工学系の出身者ばかりで占められますが、事務職の採用は学部不問のところも多くなっています。文系の出身者でも自動車部品メーカーで活躍している方はとても多いです。エコ意識の高まる今日においては環境問題に対応した次世代自動車の開発が求められており、そのために自動車業界は各企業が積極的に業務提携や技術提携を行っています。海外との太いパイプを持っているところは多く、大手の自動車部品メーカーでも中小の自動車部品メーカーでも国境を越えて活躍できる広範なビジネスフィールドがあります。そのため、事務職でも技術職でも、英語や中国語などの語学力が高い方は選考に通りやすいのが特徴です。

事務職には取引先への売り込みを行う営業の他、調達や生産管理などの職種があります。調達はモノ造りに必要となる材料、部品、設備を取り寄せるのが主な仕事です。利益を上げるためには品質のいいものを安く仕入れる必要があるため、さまざまな仕入れ先へアンテナを張り巡らせておいたり、場合によっては交渉も必要になってきます。生産管理はクルマの納入数の調整管理などを担当します。パッケージを選ぶのも生産管理であり、輸送時などに傷や劣化が発生しないものを選んで製品を梱包します。

大手でも中小でも、自動車部品メーカーの新卒採用では技術職と事務職の募集が行われています。初任給はどちらも同程度であり、大卒で20万円、大学院卒で22万円というのが一般的な相場です。短大卒や高専卒も募集可能な場合、そちらの初任給は17万から18万程度となります。新卒採用では事務職も総合職として扱われるため、さまざまな部署を渡り歩いて経験を積んでいきます。事務職でも国内外の事業所への転勤があり、将来的には事務系の管理職に就くことになります。

自動車部品メーカーの中途採用では技術職の求人募集が大半であり、事務職の求人募集はそれほど多くはありません。自動車部品メーカーの事務職への転職を考えている方は定期的に求人情報サイトをチェックする必要があります。なお、技術職の中途採用は採用職種の経験や資格が必須ですが、事務職の中途採用では採用職種の経験や資格は不問となっているところが多いです。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.