50代向けの自動車部品メーカーの求人

自動車部品メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 50代向けの自動車部品メーカーの求人

50代向けの自動車部品メーカーの求人

会社の倒産やリストラなどを受けて、50代で職を探さなければならなくなったという方も珍しくなくなってきています。50代となると定年間近で働き盛りは過ぎているため、選考の際には経験や実績をアピールする必要があります。自動車部品メーカーの中途採用は応募職種の実務経験が必須です。50代で業界未経験で自動車メーカーの厳しい選考を通過するのはほとんど不可能だと言えるでしょう。しかし、本人に高い英語力と営業力があれば、50代で業界未経験でも採用を勝ち取れる可能性はあります。

サブプライムローンによって引き起こされた世界経済危機は自動車販売台数の著しい低下を招きましたが、近年ではアベノミクスの経済効果や円高不安の解消を受け、製造業の業績も回復しつつあります。その内、今や世界最大規模の自動車販売市場となった中国、将来的な成長が期待されるインドなど、新興国へ進出する自動車メーカーと深い繋がりを持つ自動車部品メーカーの伸びが顕著です。自動車業界、自動車部品業界の海外展開は今後も更なる加速を続けるものと予想されています。

業績が上向きの自動車部品メーカーでは中途採用の求人募集も増えてきています。特に、国内の自動車部品メーカーより、外資系の自動車部品メーカーはその傾向が顕著です。外資系の自動車部品メーカーはのほとんどは日本における営業拠点であり、企画、設計、製造などの主要な部門は本国の本社に設置されています。外資系の自動車部品メーカーの多くは少人数で運営しているため、それほど大勢の求人募集をかける必要がないのです。そのため、新卒採用よりもむしろ、中途採用を積極的に実施する傾向にあります。

上述した通り、外資系の自動車部品メーカーは営業拠点としての役割を持っているため、セールスエンジニアの求人募集が多いです。セールスエンジニアは営業職と技術職の両方の要素を兼ね備えた職種であり、顧客側の技術担当者と交渉を行い、自社製品を導入してもらえるように働きかけるのが主な仕事となります。そして、近年では業績回復を受け、自動車業界全体でセールスエンジニアの需要が増えつつあるのです。

英語や中国語を話すことができ、また、営業経験がある方はセールスエンジニアの選考に非常に有利です。50代でも、経験と実績をアピールすることができれば十分に採用を勝ち取ることは可能と言えるでしょう。特に、外資系の自動車部品メーカーは採用において性別や年齢を不問としているところも多いです。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.