自動車部品メーカーの転職と自己PR

自動車部品メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 自動車部品メーカーの転職と自己PR

自動車部品メーカーの転職と自己PR

自動車部品メーカーへの転職者は、業界規模に比例して非常に多くいます。転職の動機としては、車が好きだから、給与が高いから、将来性があるためなど様々です。どのような動機での転職としても、採用のポイントとなるのは自己PRです。自分の持つ魅力や長所を上手にアピールすることが求められます。

自動車部品業界で必要とされているのは、高い技術力のある人材です。即戦力として採用することができれば、一から技術を習得させるために必要な時間やコストを削減することができます。部品メーカーへの転職では、主に技術職での採用となります。そのため前職での経験年数や実績、資格などが重視される傾向にあります。開発、整備、生産など配属される部署によっても異なりますが、取得資格をPRすることは大切です。自動車産業全体に言えることですが、高度な専門知識が要求されるため、1級自動車整備士資格などを取得していれば有利になることもあります。工場内勤務であれば、フォークリフトの免許を持っていることが条件とされることもあります。

近年では、あらゆる産業が国内での成長に伸び悩み、東南アジアを中心とする新興国での新たな市場開拓を進めています。自動車部品メーカーにも同様の波が押し寄せています。生産コストの削減や、新興国でのシェア拡大などの考えのもと、多くの自動車部品メーカーが海外支社や現地工業などを設置しています。総合職のみならず、技術職で転職する際にも、高い技術力や豊富な経験を評価され海外赴任することも十分に考えられます。海外でさらに経験を積むことで、将来的には管理職に就くことも可能です。

こうした背景ゆえに、転職時には語学力やコミュニケーション能力、マネージメント能力などをアピールすることも重要です。特に国際共通語である英語は、海外での活躍には欠かすことができません。ビジネス英語としてTOEIC850点程度の実力があれば、自己PRの大きな武器になるでしょう。また最近では中国へ進出するメーカーも急増しているため、中国語が話せることが優遇される可能性もあります。日本人だけではなく、現地の社員とのコミュニケーションを図り、文化や考え方が違う人たちを上手にまとめてスムーズに仕事をするためには、高いマネージメント能力も必要です。

こうした点に加えて、部品メーカーへ転職する際に最も重要でもある、物造りへの熱い思いを持っていることも忘れずに伝えましょう。新しいものを開発することや、高い技術力を生かすためには物造りに対する情熱も必要です。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.