自動車部品メーカーの売上ランキング

自動車部品メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 自動車部品メーカーの売上ランキング

自動車部品メーカーの売上ランキング

自動車部品メーカーは自動車メーカーが自動車を生産する際に、必要とする各部品を販売提供することで売り上げを得ています。つまり自動車産業が潤えば、部品メーカーも潤います。また自動車メーカーの売上が伸びるならば、必然的に部品メーカーの売上も延びていきます。日本における部品メーカーは自動車メーカーの系列であることがほとんどです。日本国内において自動車産業の最大手はトヨタ自動車であるため、トヨタ自動車の系列部品メーカーは規模が大きく、業界内でもトップクラスの売上があります。

自動車部品メーカーとして業界トップを維持しているのは、デンソーです。トヨタ自動車が主な取引先ですが、世界のあらゆる自動車メーカーにも自動車技術、システム、製品を提供しています。世界各地に140を超える拠点を置き、今後も市場シェア拡大が期待されている部品メーカーです。2015年度の売上高は4兆円を超える実力を誇ります。

デンソーと同じくトヨタ自動車の系列会社としてアイシン精機があります。主にブレーキシステムや大容量トランスミッション、エンジン関連など自動車部品の中でも最先端技術が必要とされる分野での実績を持つ自動車部品メーカーです。その品質、安全性は世界トップレベルとも言われています。近年においては、GPSカーナビゲーションや音声機能付きカーナビゲーションなど、多岐に渡り事業展開に成功しています。自動車部品メーカーの海外進出が注目されている中で、アイシン精機は全世界に180社以上のグループ会社を持つ国際的な部品メーカーとして業績を上げています。2015年の売上高は約2兆円を超え、今後も着実に売上高を伸ばしていくと期待されています。

トヨタグループの母体となっている自動車部品メーカーの一つが豊田自動織器です。1926年創業の長い歴史を持つ豊田自動織器では、現在でもフォークリフトやカーエアコン用コンプレッサーでは業界トップシェアを誇っています。2014年には売上高2兆円を超えています。

このように現在はトヨタ自動車系列の自動車部品メーカーが、国内市場では有利になっています。自動車部品業界の今後としては、東南アジアを中心とする新興国での市場開拓に加えて品質管理体制を確立することに注目が集まっています。大手自動車メーカーのグループ系列ではなく、取引先を分散させる独立系自動車部品メーカーの動向にも期待できます。各自動車メーカーの今後の事業方針や経営方針についても確認しましょう。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.