自動車部品メーカーの年収・給料相場

自動車部品メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 自動車部品メーカーの年収・給料相場

自動車部品メーカーの年収・給料相場

自動車産業は日本の主要産業であり、景気や円相場に大きく左右されるものの、全体を通してみると平均水準以上の利益を上げています。そして、クルマを作るに当たって、ブレーキ、ラジエーター、ベアリングなど、自動車部品の開発と製造は欠かせません。自動車産業と自動車部品産業は切っても切れない関係にありため、自動車部品メーカーの経営は比較的堅牢であると言えるでしょう。

日本の自動車部品メーカーにおいてトップに君臨しているのがトヨタグループに属するデンソーです。デンソーは毎年、4兆円前後の売り上げを叩き出しており、日本の自動車部品産業の隆盛に大きく貢献しています。なお、デンソーは自動車部品業界の中では最も年収が高く、平均して約800万円の年収を手にすることが可能です。管理職になれば年収はゆうに1,000万円を突破します。

デンソーと同じくトヨタグループに属し、国内においてフォークリストとカーエアコン用コンプレッサーのトップシェアを誇る豊田自動織機も高収入なことで知られています。平均年収は約750万円であり、これは自動車部品業界においてはデンソーに次いで高い数値です。なお、その他の大手の自動車部品メーカーの年収は700万円から600万円程度となっています。中小の自動車部品メーカーにおいては、年収は600万円から500万円程度というのが一般的な相場です。

なお、自動車部品業界全体での平均年収は600万円程度となっています。自動車業界や二輪車業界と比べると若干低目ですが、業界全体で見た場合は平均以上の数値となります。

自動車部品メーカーの新卒採用では、初任給は学歴によって決められます。短大卒・専門学校卒で17万円前後、高専卒で18万円前後、大卒で20万円前後、大学院卒で22万円前後です。なお、初任給は大手の自動車部品メーカーでも中小の自動車部品メーカーでもほとんど変わりがありません。昇給も年1回、賞与も年2回というところがほとんどです。ただし、大手の自動車部品メーカーの場合は1回の昇給での給与の上がり幅が大きいため、将来的には中小の自動車部品メーカーとの格差が生じることになります。

自動車部品メーカーは経営が比較的安定しており、給与も高く、また、休暇制度や福利厚生も充実しています。週休2日制を実施しており、各地に避暑地や保養地を持っている企業が多いです。そのため、毎年多くの就職希望者、転職希望者が見られます。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.