自動車部品メーカーの転職と転勤

自動車部品メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 自動車部品メーカーの転職と転勤

自動車部品メーカーの転職と転勤

日本における有数の産業が自動車産業です。世界的に見ても高い技術力と安全性を武器に市場シェアを拡大しています。自動車は様々なパーツを組み合わせて製造されています。エンジン周辺部品、排気系部品、カーエレクトロニクス製品など、各自動車部品メーカーによって得意とする部品は違います。日本の自動車部品メーカーは系列による取引が拡大してきました。自動車部品業界では、その業界規模の大きさから、多くの求人募集があるため、就職・転職共にそれほど難しくはないでしょう。

自動車部品メーカーでは新卒者、中途採用の両方を積極的に行っています。新卒者の採用は理工学系の大学出身者が多く、主に総合職として扱われます。つまり将来の幹部候補として、入社後はあらゆる業務を経験していくことになります。そのため配属先の部署によっては、転勤も与儀なくされます。近年では、自動車部品メーカーにおいても他業種同様

に海外への進出や、資本提携などを行い新興国での新たな市場開拓が進んでいます。海外支社や営業所、工場を持つメーカーであれば、海外赴任という転勤もあります。総合職として採用される新卒者は業務内容も多岐に渡り、転勤も複数回ある可能性が高いですが、40代、50代で役職に就くことができれば、年収は1000万円以上になることもあります。

中途採用として自動車メーカーに転職する際には、一般的に技術職として採用されます。新卒者であれば、理工学系の大学卒業者が多いですが、中途採用者の場合には学歴不問とされることが多いようです。ただし前職における、実務年数や経験、業務内容に関わる何らかの資格を取得していることが重視されます。未経験者としての採用は難しいとされています。求人数は少ないものの、事務職に関わる求人募集もあります。事務職においても学歴不問としているメーカーがほとんどですが、前述したように、海外進出が進む自動車部品業界においては、英語や中国語といった語学力が高い方が転職には有利になるでしょう。これは技術系、事務系どちらでの転職を希望する場合にもあてはまります。

総合職、技術職どちらでの就職・転職であっても、部署によって転勤はあります。数年前までは、国内での転勤が一般的でしたが、近年では海外への転勤も多くなっているのが特徴です。どの職種にしても転勤をすることで、あらゆる経験を積むことができるため、将来的には管理職として勤務する可能性が高くなります。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.