自動車部品メーカーの採用職種

自動車部品メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 自動車部品メーカーの採用職種

自動車部品メーカーの採用職種

自動車部品メーカーといっても、工場で部品の開発や製造ばかりを行っているわけではなく、採用職種は多種多様です。傾向としては理工系の採用職種と採用人数が多いですが、自動車部品メーカーには文系の卒業生でも活躍できるさまざまなビジネスフィールドがあります。

自動車部品メーカーにおける最も代表的な職種が製品開発です。製品開発は基本的に技術者がチームを組み、設計、試作、実験、評価を行っていきます。クリエイティブセンスが試される職種であり、モノ造りの醍醐味を味わえます。

自動車の操作性、快適性、安全性を高めるためには車両とエンジンの適合が必要です。これらの適合率を上げるのはシステム開発の担当となります。システム開発では業務で培ったシステム知検を活かし、先行技術開発職と環境に配慮しつつもよりパワフルな走りができる次世代のクルマ作りを目指していきます。

自動車部品メーカーではさまざまな製品の生産を行っており、生産性の向上は利益の向上に直結します。そして、生産性を高めるのが生産技術の業務です。生産技術は生産工程の設備を整え、安定したモノ造りができる環境作りを行っていきます。1本のラインの完成のために年単位の歳月を費やすこともあり、生産技術の業務は長期スパンで行われるのが特徴です。

自動車部品メーカーの営業では個人宅への飛込みなどはありません。営業は個人ではなく法人が対象となります。具体的には、市場動向の情報収集、社内関係部署や得意先メーカーとの情報共有などを通じて新製品開発や既存製品改良の計画立案を行い、国内外の拡販に結び付けます。

調達も自動車メーカーの、モノ造りの根幹を担う職種の一つです。調達はその名の通り、材料、部品、設備の調達を担当します。また、それらをいかに安く仕入れるかというのも調達の重要な仕事なので、さまざまな仕入れ先へ常にアンテナを張り巡らせておくことが必要です。なお、製品の品質や安全性の向上のため、逆にコストパフォーマンスが高くつく材料の仕入れを担当する場合もあります。

生産管理は自動車メーカーや海外拠点から発注を受けた製品の納入管理を担当します。工場のキャパシティを踏まえて生産スケジュールを立て、納入数の調整、管理を行うのが主な業務です。その他、製品輸送時のパッケージも生産管理が決定します。

品質保証は自動車部品メーカーにおけるカスタマーサービスのような職種であり、主にユーザーからのクレームに対応します。基本的に製品への不満を持っている顧客が対象となるため、製品に関する幅広い知識はもちろん、相手の感情に寄り添うコミュニケーションスキルが求められます。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.