自動車部品メーカーの今後・将来性

自動車部品メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 自動車部品メーカーの今後・将来性

自動車部品メーカーの今後・将来性

日本にはトヨタやホンダなど、世界に名だたる自動車メーカーが数多く存在しています。自動車産業は日本の主要産業の一つであり、全業種の中でも輸出額はトップクラスです。平成20年以降は世界経済危機の影響を受け、国内外の自動車販売台数が急落し、業績悪化や業績赤字を招きました。しかし、近年ではアベノミクスの経済効果などにより、業績回復の兆しを見せています。平成25年から平成26年における自動車業界の業界規模は約60兆円です。給与や待遇も良くなっており、トヨタやホンダなどの大手自動車メーカーでは、40歳代になると年収が1000万円を超える方も多くなってきます。そのため、毎年多くの就職希望者や転職希望者が見られます。

自動車メーカーと自動車部品メーカーは切っても切れない関係にあり、相互に影響を及ぼし合います。関連性の高い業種であることに加えて、自動車部品メーカーはトヨタやホンダなど、大手の自動車メーカーのグループ企業が多いためです。例えば、デンソー、アイシン精機、豊田自動織機、トヨタ紡織、ジェイテクト、豊田合成などの大手の自動車部品メーカーは全てトヨタグループに属しています。そのため、自動車メーカーの景気が悪いと自動車部品メーカーの景気も悪くなり、自動車メーカーの景気が良いと自動車メーカーの景気も良くなる傾向にあります。過去の推移をみると、自動車部品業界の業界規模は平成17年から19年にかけては増加しており、事業の拡大を続けていました。しかし、上述した通り、アメリカのサブプライムローン問題に端を発する世界経済危機を受けて国内外の自動車販売台数が大幅に落ち込んだため、平成19年から平成21年までは業界規模も大幅に下落しています。

しかし、自動車メーカーに牽引される形で、近年では自動車部品メーカーの業績は回復傾向です。平成21年以降、アベノミクスによる経済効果、円高による経済不安の解消を受けて、アメリカやヨーロッパ市場における販売台数も順調に数字を伸ばしており、業界規模も右肩上がりとなっています。平成25年から26年における自動車部品業界の市場規模は約26兆円です。また、近年では東南アジアのマーケットの開拓も進んでおり、今後の成長が期待されています。

クルマを作るためには部品の製造は欠かせません。現代社会においてクルマは人々の生活に深く根ざしているため、自動車部品メーカーは他の製造業と比べると経営は堅牢だと言えるでしょう。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.