自動車部品メーカーの転職とボーナス

自動車部品メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 自動車部品メーカーの転職とボーナス

自動車部品メーカーの転職とボーナス

自動車業界にはトヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スズキなど、世界に名だたる有名企業が数多く存在しています。自動車産業は日本の主要産業であり、自動車メーカーは他の製造業と比べると給与が良く、待遇もよく、就職先や転職先として高い人気を誇ります。

自動車メーカーではボーナスは通常年に2回、夏と冬に支給されます。自動車メーカーはその年の給与やボーナスなどの賃金条件について、会社と労働組合の交渉によって決定しています。毎年春に行われるこのやり取りは春闘と呼ばれ、春闘は自動車メーカーで働いている方は勿論、他業種の方からも大きな注目を集めるものです。アメリカのサブプライムローン問題に端を発する世界経済危機を受けて、数年前までは大多数の自動車メーカーで業績悪化、業績赤字が続いており、ボーナスも1割から2割ほど減少している傾向にありました。しかし、近年の自動車産業はアベノミクスや円安の影響によって業績回復の兆しを見せつつあり、また、2013年に安倍晋三首相が業績が改善している企業への賃上げ要請を受けたことにより、多くの自動車メーカーはそれに応える形で労働者が提示するボーナスの要求金額の満額支給を決定しています。アベノミクスの盛り上げ役を買って出た形です。なお、年間におけるボーナスの総額はトヨタやホンダで約200万円となっています。

自動車部品メーカーも自動車メーカーと比べると若干見劣りするものの、平均年収は高い水準をキープし続けています。 なお、ほとんどの自動車部品メーカーは昇給を年に1回実施し、ボーナスを年に2回実施しています。ボーナスの金額には格差がありますが、頻度自体は大手の自動車部品メーカーも中小の自動車部品メーカーも同一です。

自動車部品メーカーでもボーナスなどの賃金条件を自動車メーカーと同じく、会社と労働組合の春闘によって決定するのが慣例となっています。自動車部品メーカーの平均年収は自動車メーカーを若干下回る程度なので、ボーナスの支給額もそれに準じる数値と考えられます。自動車部品メーカーのボーナスは150万円前後というのが一般的のようです。

なお、前述した通り、景気回復を受けて自動車業界全体が盛り上がりを見せていますが、それは自動車業界のピラミッドの頂点に位置する自動車メーカーについての話であり、その一端を担う自動車部品メーカーはそれほど大きな恩恵を得られていないというところも見られます。

自動車部品メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
マイナビエージェント 無料 全国


TOP

自動車部品メーカーの転職の基礎

条件別の自動車部品メーカーの求人

人気の自動車部品メーカーの採用情報


Copyright (C) 2015-2017 自動車部品メーカー向け求人ナビ All Rights Reserved.